スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聞かなかったことにしてくださ い。

2010.04.29.21:05

今から私。
いろいろ、ぐちぐち喋ります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

夕ごはん。
専業主婦の母と、私との、2人で食べます。

母は、たぶん、精神的な病気を抱えています。
病院に行きたがりません。
先天的に、体も丈夫ではありません。


私の姉は、長女で未熟児。
母にとって、初めての子育ては、さぞかし大変だったことでしょう。

変わって私は、ありがたいことに、超健康優良児でした。

だからでしょうか。。。
母は姉にかかりきり。

私は幼少期の記憶が、ほとんどありません。
これは以前、ブログでも書かせてもらいましたが。。。

両親も同じです。
姉の記憶しかないんですね。
それで済めばよかったのですが、どうやら私は、母から虐待を受けて育ったらしいのです。

残念ながら、これは私の思い込みではないのです。
だって、記憶がないんですから。。。

精神科での、話しの中で明らかになった、事実なのです。

私は、母の拒絶反応に尻込みしてしまい、再三の精神科への入院勧告を、突っぱねました。

母のせいにしているわけではありません。

私の性格上、母のすさまじい拒絶反応を受けた以上、入院しても、心から安らぐことはない。
今出来る、最善の策を探そう。
前向きな決断でした。

なるべく、家にいないようにすればいい。
図書館を逃げ場にしよう。

事実、入院の道を断った後、前向きに努力を重ねた結果、今までできなかった”読書”や”テレビ観賞”、さらには”映画観賞”までできるようになりました。


父はとうなのか。。。
父は、ベクトルが逆です。
私には無関心。
相性があわないから面倒くさい。
「我が子といえども、相性がある。」
と、目の前で言われたこともあります。

何が言いたいのか。。。
ぐちゃぐちゃになってきましたが(´~`;)


私は、母に自分の病気のことを相談すると、母の相談役になってしまいます。

私に同調して、ついつい話したくてたまらなくなるのでしょう。

気持ちがわかるので、「うん、うん。」と聞きます。
「やっぱり、あなたにしか任せられないわ」
と、口癖のように言います。

そして、都合が悪くなると「お母さんにはわからない!!」
と、話を打ち切ってしまうのです。

えっ( ̄▽ ̄;)

「私は。。。」
で始まった話も、
「お母さんは。。。」
で盛り上がり、最後には、逆ギレされて、おしまい。


今日は、納得いかなかった私。
だって、「お父さんの、”おおらか”な性格が私に受け継がれたお陰で、私は、”なんで?!どうして!?”と、自分を追い詰めない性分みたいで、よかったよ~♪」

と、プラスの話をしたのに。

でました。

「お母さんはね。。。」

おいおい、と。

なんで、ひとこと、「前向きでいいね~。いい考えだね~。」と、褒められないかな。

褒めるまでいかなかったとしても、せめて、「私」の話をさせてもらえませんか?!
と。

ついに、私も言いました。
思ったとおりに。


そしたら、母は泣きました。
はい、泣きました。

揚げ句、舌の、毛細血管が破れて、血を吐きました。


はい。
終了~。

私は悪者ですか。。。

結局、私は家族に緊急連絡を、携帯でかける役回りになりましたとさ。

おかげさまで、母は無事ですm(._.)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト

comment

Secret

mameさん

2010.05.01.13:18

ここは自分の心の部屋

おぉ。
心の部屋。
いい響きだ~。

>タップリと辛い事や楽しい事を書いてくださいね^-^。

はい♪
ありがとうございます(o^-')b

hiyoko(water lily)さん

2010.05.01.13:15

>私も母とは同じようなことがありました。

そうなんですか。。。

>家にいても、自分の話は全くできずに悩むことが多かった。
>ただ、私は幸いなことに祖父母がいてくれて、癒しになってくれてました。

それはよかった!!
誰かひとりでも、頼りにになる人がいるだけで、全然違いますもんね!!

>父も口数は少ないけど、助け舟はだしてくれていたような・・・・。

おぉ。
それも、よかったですね!
>でも母は、鬼でした(その頃は・・・・)。それで一緒に住めないと思い、
実家をはなれ就職してきました。

そうでしたか。
私の場合も、やはり、距離を置くのが1番の解決策だと思います。

>離れて、そして母から離れた頃の母の年代になって、わかることも
あったり。。。

それ、わかります!!
私は母に幸せになって欲しいですから。。。

>兄弟でも親とあうあわないは絶対にあります。1人の個性を持つ人間
どおしだし、気をつかわなくていい関係だからなおさらですよね^^;

そうですよね。
でも、「本人に言っちゃダメだろ~」と思いましたけどね(苦笑)

>そうしたら、今はとても話ができて、その頃のことも暗い表現ではなく
笑い話にかえて、訴えることが出来ています^^

それはなによりです!!
努力の賜物ですね☆

>やはり、この病はどこかに潜在的な記憶の
ようなものがあるようにおもいます。

そうですよね。
気づいたら、診察中、ずっと、母のことを相談してしまっていた時期もありました。
私の中に、母がべっとりこびりついてるんですね。
なんだか嫌な言い回しになってしまいましたが。。。

>おおらかさ!大切ですね^^

でしょ~♪
そのひとことが欲しかっただけなのに。
困ったもんですm(>ω<)m゛

kittenさん

2010.05.01.12:57

>ブログで吐きたいことは吐きましょう!

はい!
また急にぐちぐち言い出すと思います(^^ゞ

>辛い経験と今があるんですね。
>家族とうまくいかないのは辛いですね。

困っちゃいますね。。。

>その分、ネットにはたくさんの理解者がいるので、この場を大事にして少しでもよくなる手助けがし合えればいいですね。

はい!!
こんなにたくさん、あたたかい言葉を、頂けるとは思ってませんでした。
ありがたい限りですm(._.)m
ありがとうございます♪

ちゃんふうさん

2010.05.01.12:52

>トーマスさんのブログだもの
どんどん吐き出していいと思います。

また急にぐちぐち言い出すと思います(^^ゞ

>ここにくるみんな、トーマスさんを温かく包み込むよ。(・・、)ヾ(^ )ナデ

本当、嬉しくて涙が出そうでしたよ!!
ありがとうございます♪

鍵付きコメント様

2010.05.01.12:50

ありがとうございます♪

直接ブログにご挨拶に行かせていただきます☆

カッキーさん

2010.05.01.12:45

>辛い時期を過ごされてきたんですね。
>だからこそ、今のトーマス&フレンズさんのブログや
には頂くコメントには底知れない優しさを感じます。

えへへ(^^ゞ
そう言ってもらえると、嬉しいです!!

>とはいえ、私の両親もかなり似ているかもしれません。

あらら。
本当ですね。
よく似てますね。。。

>人の話や悩みは聞かないのに、いざとなると、
「どうして一言言わなかったのか」と責められたりしてきて(^^ゞ

うわ~。
同じことを、つい最近、母に言われたことありまがありますよ~。

>例え親子といえど、トーマス&フレンズさんの人生です、>>どうか可能な限り、
ご自分を大切にしてあげてください。

そうなんですよね!!
うん。
そうなんですよ。。。

>こんなことぐらいしか言えなくてごめん。

とんでもない!!
コメント、すごく嬉しかったです!!

>アラサー、ブロとも同士、ゆっくり色んなこと、変えていけたらいいですね。
>また、遊びに来ます(*^_^*)

ですね!!
心強いです☆
これからもよろしくお願いします(人´∀`)

おはるさん

2010.05.01.12:28

>やはり、親が鬱病の原因の方々が多いんですね…
私もブログを始めて、そのことにはビックリさせられています。。。

>私も、父は赤ん坊の時に、他界してるし、母からは虐待と暴言の日々…母が亡くなるまで続きましたからね~

そうだったんですか。。。
私なんかより、全然大変だ。
辛かったですね。。。

>亡くなったら、どんな酷い目にあっても、愛されたかった…恋しいと…思ってしまうんです(涙)

私を愛してほしい。。。
その気持ちが強いからこそ、愛されたくて、頑張ってしまうんですかね。

>やっぱり、親子の縁って深いんでしょうね…

そうですね。
私も、不思議と母を憎む気持ちはないんです。
むしろ、母には幸せになってほしい。。。

いちごさん

2010.05.01.12:21

>辛い思いをしてきたんだね。

記憶がなくて、よかった(^^)v
防衛本能らしいです。

>お母様が一番の理解者になるはずなのに・・・・
お父様は無関心なら余計に。

そだねぇ。。。
困り果てたときはあったねぇ。。。

>家は一番ストレスが多い場所なんていうこともあるからね。

そうなのよ!
何のために自宅療養を選択したのか。。。

>だから、ブログでドンドン吐き出してね。

うん!!
また急に、ぐちぐち言い出すよ(笑)。

>上手い言葉が見つからず、月並みなことしか言えないけど・・・・
>無理だけはしないでね。
とんでもない!!
かなり励まされたよ!!
無理はしないように気をつけるよ!(笑)

クレハさん

2010.05.01.12:11

>トーマス&フレンズさんは幼少の頃から本当に辛い思いを されてきたんですね・・・

みたいですね(^^ゞ
ぼんやりとしか記憶がないので。。。

>一番の味方であるはずのお母さんから虐待なんて、悲しすぎます。

う~ん。
そうですね。。。
できれば愛してほしかったですね。

>私がどうこう言える問題ではないですけど・・・

いえいえ。
こんな記事にコメントしていただいて。。。
本当にありがたいです☆

>どうか一人で抱え込まないでくださいね。

はい(^^ゞ
相談をするのが苦手みたいで。。。
そこも要改善ですね!!

>また何か吐き出したい事があったらどんどん書いちゃっていいと思います!

はい☆
また突然、ぐちぐち言い出すと思います(笑)

No title

2010.04.30.23:08

こんばんは
ここは自分の心の部屋
タップリと辛い事や楽しい事を
書いてくださいね^-^。

No title

2010.04.30.22:45

私も母とは同じようなことがありました。

家にいても、自分の話は全くできずに悩むことが多かった。
ただ、私は幸いなことに祖父母がいてくれて、癒しになってくれてました。

父も口数は少ないけど、助け舟はだしてくれていたような・・・・。

でも母は、鬼でした(その頃は・・・・)。それで一緒に住めないと思い、
実家をはなれ就職してきました。

私は、この決断は間違ってなかったと思っています。

距離があってほんの少し会うなら、良い関係でいれるし、優しくもなれる

離れて、そして母から離れた頃の母の年代になって、わかることも
あったり。。。

兄弟でも親とあうあわないは絶対にあります。1人の個性を持つ人間
どおしだし、気をつかわなくていい関係だからなおさらですよね^^;

私は、両親が年老いてきてから、考えをかえて、おちゃらけて話を
するようになりました。

そうしたら、今はとても話ができて、その頃のことも暗い表現ではなく
笑い話にかえて、訴えることが出来ています^^

ト-マス&フレンズさん・・。やはり、この病はどこかに潜在的な記憶の
ようなものがあるようにおもいます。

私もそうですから^^;

おおらかさ!大切ですね^^

No title

2010.04.30.18:13

こんばんわ。
ブログで吐きたいことは吐きましょう!
辛い経験と今があるんですね。家族とうまくいかないのは辛いですね。その分、ネットにはたくさんの理解者がいるので、この場を大事にして少しでもよくなる手助けがし合えればいいですね。

No title

2010.04.30.15:06

トーマスさんのブログだもの
どんどん吐き出していいと思います。
ここにくるみんな、トーマスさんを温かく包み込むよ。

(・・、)ヾ(^ )ナデ

管理人のみ閲覧できます

2010.04.30.15:01

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2010.04.30.12:38

辛い時期を過ごされてきたんですね。
だからこそ、今のトーマス&フレンズさんのブログや
には頂くコメントには底知れない優しさを感じます。
とはいえ、私の両親もかなり似ているかもしれません。
母は自分の話だけ。人の話は一切聞きません。
断れば「この子は役に立たん」と。父は口にはしませんでしたが、
相性があんまり良くなく、(私もそう思って育った)今になってやっと
少し話が出来るようになってきたような感じ。
人の話や悩みは聞かないのに、いざとなると、
「どうして一言言わなかったのか」と責められたりしてきて(^^ゞ
私もいわば、相談役、パシリ役として育ってきました。
ほんの少しですが、トーマス&フレンズさんの気持ちが伝わったような気がしました。大変だと思いますが例え親子といえど、トーマス&フレンズさんの人生です、どうか可能な限り、
ご自分を大切にしてあげてください。
こんなことぐらいしか言えなくてごめん。
アラサー、ブロとも同士、ゆっくり色んなこと、変えていけたらいいですね。また、遊びに来ます(*^_^*)

同じですね…

2010.04.30.12:06

こんにちは
やはり、親が鬱病の原因の方々が多いんですね…
私も、父は赤ん坊の時に、他界してるし、母からは虐待と暴言の日々…母が亡くなるまで続きましたからね~
そのトラウマゆえ、病気になったんですが…亡くなったら、どんな酷い目にあっても、愛されたかった…恋しいと…思ってしまうんです(涙)
やっぱり、親子の縁って深いんでしょうね…

No title

2010.04.30.11:06

辛い思いをしてきたんだね。
お母様が一番の理解者になるはずなのに・・・・
お父様は無関心なら余計に。
いつも家でもガマンしていたんだね。
辛いことが多かったでしょうね。

家は一番ストレスが多い場所なんていうこともあるからね。

溜め込んでは良くないよ。
だから、ブログでドンドン吐き出してね。

上手い言葉が見つからず、月並みなことしか言えないけど・・・・
無理だけはしないでね。

そうだったんですか・・・

2010.04.30.09:15

トーマス&フレンズさんは幼少の頃から本当に辛い思いを
されてきたんですね・・・
一番の味方であるはずのお母さんから虐待なんて、悲しすぎます。
私がどうこう言える問題ではないですけど・・・

どんな言葉も陳腐になってしまいそうなのでこれ以上はやめておきますが、
どうか一人で抱え込まないでくださいね。
また何か吐き出したい事があったらどんどん書いちゃっていいと思います!
今日のひとこと
「七割は失敗してもかまわない」といった一種の開き直りで肩の力を抜こう。
今日のひとこと。     バックナンバー
もし興味があれば。   ぽち。
プロフィール

トーマス&フレンズ

Author:トーマス&フレンズ
アラサー女性。
九州在住。

2009年夏より、うつ病で自宅療養中。
そして、2010年4月、「うつ病」から「統合失調症」へ。
それから2010年6月、「統合失調症気分変調障害」へ。

日々、試行錯誤しながら、
闘っています。

生きがいは韓国!!
特に韓国アイドルが好き☆
なかでもBIGBANGサランヘヨ♪

服用中のお薬
(2011年04月10日現在。)
朝:セルベックス×1 メリスロン×1 ルボックス×2 デパス×1 昼:なし 夕:セロクエル×1 ルボックス×2 メリスロン×1 メイラックス(1ミリ)×2 デパス×1 夜:セロクエル×2 ロヒプノール(1ミリ)×1 レンドルミン×1 頓服:レンドルミン×1
最新記事
FC2ブログランキング
ぽち。おねがいします♪

FC2Blog Ranking

参加ランキング~
どれでも、ぽち。 おねがいします♪
おすすめサイト
ぜひ活用してくださいな♪
アフィリエイト・SEO対策
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
ブロとも一覧

海外ドラマと、映画少し、猫少し

ぐーたらキッチン

Chinese Bellflower
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

掲示板(れんらく・あしあと)
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。